1月25日より園バスの運行中止について(1)

保護者の皆様へ(令和4年1月21日付で、北九州子ども家庭局より以下の連絡が入りました)

家庭保育への協力について

現在、本市では、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大が続いており、今月だけで延べ19(1月20日現在)の私立幼稚園(認定こども園含む)で臨時休園となりました。また、感染力が強いと言われているオミクロン株への置き換えによりさらなる感染拡大が懸念されています。今後、幼稚園や保育所(園)等で感染拡大リスクを抑えていくためには、保護者の皆様のさらなる感染防止対策へのお力添えが必要です。幼稚園の運営については、国の「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル」等を踏まえ、感染状況に応じて、活動内容等を工夫しつつ、可能な限り、教育活動や預かり保育を継続していただくこととされています。このため、各ご家庭の可能な範囲(例えば、保護者の方が休暇等でお休みが可能な日など)おいて、登園を控えていただき、」ご家庭での保育にご協力いただくよう、お願い申し上げます。また、登園いただくにあたっては、これまでもお願いしている感染防止対策にご留意いただきますよう、改めてお願いいたします。

1.家庭保育の協力依頼期間    令和4年1月22日(土)から1か月程度

高須幼稚園は、家庭保育の協力依頼期間においても、感染防止を徹底しつつ、原則開園を継続いたしますが、この期間の園バスの運行はありません。                         

★給食弁当は、実施します